法人保険の見直しは、独立系ファイナンシャルプランナー事務所(株)ピュアレまで。保険を使った財務コンサルティング・決算対策、保険整理業務・一元管理サービスなど、社長様が煩わしい事から解放され、経営に専念して頂けるようなサポートをさせて頂きます。

お知らせ
Infomation
2020.04.15
資金繰り改善の為の「法人保険オンライン相談」開始
オンライン相談

経営者の皆様におかれましては、この厳しい状況の中、毎日本当にお疲れ様でございます。

そんな中、弊社で出来る事を日々真剣に考え、今日は、経営者の皆様に、色々とお伝えしたい事を書かせて頂きます。

まず、新型コロナウィルス感染拡大を防ぐ為、弊社での取り組みとしましては、面談による相談業務を、3月初旬よりコロナが収束するまでの間(無期限で)取り止めをさせて頂きました。

吉祥寺オフィスは、2月29日に吉祥寺駅前に移転したばかりで、これからという時に私共も非常に残念な思いもありますし皆様には大変ご不便をおかけしますが、私達も自分自身が感染しているかも知れないリスクを抱えたまま(誰でもリスクは0とは言えません)対面による相談業務をさせて頂くのは、市民の皆様の安全を考えた時にとても出来ないと判断した上での事です。

そこで、ご相談業務におきましては、Zoom、Skype、LINEなどを使ったオンライン相談をメインに、ネットをご利用頂けない方はお電話等でご対応させて頂く事と致しました。

大変な状況になり、会社を経営される社長様は、事業を継続していく上で、様々な困難を強いられ、心身ともにお疲れになっておられる事と思います。

そんな社長様のお悩みに、今こそ寄り添ってご相談に乗らせて頂きたいと考えております。

オンライン相談の時間帯についても、業務時間外でもお受けさせて頂きます。

弊社で出来る事としましては、特に「資金繰りの改善」について、今ご加入中の法人契約の生命保険を分析させて頂き、毎月の固定費の中で大きく比重を占める生命保険料を現状に併せ最適化する事、それによりコスト削減に繋げる事です。

そして、解約金のある生命保険については、契約者貸付制度を使う(現在は金利O%の優遇措置もあります)、または減額や一部解約などで、融資を受けずともすぐに手元のキャッシュを作る事で資金繰り改善へと導く事が出来ます。

但し、契約者貸付制度の運用は、今回の特別措置の期間が終わると(本年9月いっぱい)通常の利息が発生します。保険料の支払い猶予の措置についても、猶予期間が終わるまでに一括で支払う必要があります。

返済が難しい場合で、予定利率が高い時の保険については利息がすごく高くなり、その状態が続くとオーバーローン失効となってしまい、保障が切れてしまう可能性があります。

そういうことも考えて、細かく丁寧にコンサルティングをしていく必要がありますので、安易に保険契約を動かさずに、是非とも今すぐ私共にご相談下さい。

たとえば、減額や解約についても、いきなりそれをしてしまうと、大事な保障が無くなってしまうので、それこそ保険本来の目的である保障を考えると非常に危険です。どこまで減らして良いかは、法人様の財務諸表を見せて頂きながらアドバイスをさせて頂きます。

また、生命保険をコンバージョン(変換)する方法もあります。コンバージョンする事で、保障は継続しながらも解約金を取り出す事が可能です。但し、出来るか出来ないかは契約している保険会社や商品によっても違います。

この厳しい経済情勢の中で、毎月の支払いが厳しくなってきたからすぐに保険を解約するという安易な行動に走らず、私共にご相談下さい。保険は解約してしまったら、元には戻せません。お体の状況によっては新しい保険に加入する事も難しいかも知れません。

法人様の置かれている状況や、諸事情に併せて、とにかく丁寧に、また親身になってご相談に乗らせて頂きますので、是非お一人でお悩みを抱え込まずに、私共に打ち明けて下さい。

私共には守秘義務がありますし、独立系FP事務所として、17年の実績と経験を持つ弊社が、最も得意としております法人様のリスクマネジメントと、キャッシュフロー改善のご提案をさせて頂きますので、安心してお任せ下さい。

まずは無料相談(40分程度)からご予約下さい。どうぞご遠慮なく、お話を聞かせて下さい。

皆様のご相談をお待ちしております。

ご相談、お問合せはこちらからお願いします。

↓ ↓ ↓

https://purele.com/contact/